「再構築」した夫婦の姿 その娘からみた「再構築」のむずかしさ

離婚・再婚・夫婦の話
この記事は約4分で読めます。

 

こんにちは。あいるたんです。

 

今は結婚した夫婦の3組に1組は離婚をする時代です。性格の不一致、相手からの暴力、不倫、借金など…。離婚する原因はその夫婦によりさまざまです。

 

子どもの親権や財産問題、養育費に慰謝料など離婚する場合は夫婦だった相手と大なり小なりモメることとなります。

離婚調停を申し立てても相手との折り合いが付かず内容によっては1年や2年続く、あるいは裁判にもつれ込む可能性もあり…心身ともに疲れ果てるなどとても大変です。

 

そんな「離婚」をせずに、夫や妻の不貞行為に対して一からやり直し、夫婦を「再構築」した方たちも少なからずいるのではないでしょうか。

じつは私の実両親も母の不貞行為から「再構築」をした夫婦のひとつです。

そしてその実両親の夫婦としての「再構築」をずっと同じ屋根の下で私は見てきました。

娘の私から見た実両親の夫婦「再構築」は成功とはとても言えない「悲しいもの」に見えていたように思います。「再構築」とは頭で考えるよりとても大変なんだということを感じています。

 

私が小学生の頃、母が不貞行為を起こしました。両親は2人で小さな店を経営しており、母の「不貞行為」の相手はその店の常連さんだったと思います。

母は父とかけおちの末、未婚で私を生み3歳のときに父と結婚しました。そこからの父の実家での生活は想像以上に過酷なものだったのでしょう。

 

誰も知らない土地、知らない近所の人たち、母には父しか頼れる人がいないにもかかわらず父はあまり母の味方をしてくれることはありませんでした。

そしてその過酷な状況の現実から逃げたいがために「不貞行為」を起こしたのだと思います。

 

それも母より10歳も歳下の男性とです。どのくらい2人が続いたのか私にはわかりませんが、ある日突然父と母の「大げんか」がはじまりました。

母が書いた不貞行為の相手へ寄せた「手紙」の取り合いで、怒鳴り合い、言い争い…。

 

約3時間続いたあとその「大げんか」は終わりました。私は幼い心に、親は離婚するのかもと思いはじめていました。

ですがそれは現実とならず、両親は「再構築」という道を選びました。

 

それから両親の「大げんか」は後にも先にもその1回しかありません。

 

ですが「再構築」したからといってお互いが仲良くしているわけではありませんでした。「再構築」というよりはただ「離婚」してないだけの夫婦となりました。

 

母が「不貞行為」を起こしてから父はもう母に見切りを付けていました。

父は以前お付き合いしていた女性に連絡をとりはじめ、だんだんと会うようになっていきました。父の心はもうすでに母にはなかったのだろうと思います。

夫婦の壊れた信頼関係はもう二度と取り戻すことができず、父が亡くなる最後までそれは変わりませんでした。

 

そしてそれを母は父の最後の日まで根に持っていました。

自分が起こした「不貞行為」が引き金になったにもかかわらず、父が別の女性と仲良くしているのを許せなかったのです。

 

「再構築」とは…既にある程度組み立てが進んでいるものを、一旦打ち壊して、再度組み立て直すこと。と調べると出てきます。

 

再度組み立て直しても、夫婦の心がお互いに「元通り」になるにはとてもむずかしいのだと私の経験からそう感じています。

「再構築」されている方、または「再構築」をお考えの方は、その自分の選択肢が正しかったのだと証明できるまで、例えばお子さんが「お父さんお母さんが居てくれてよかった!」と言ってくれるまで努力していただきたいです。

これは私の経験から子どもの立場として切に願います。

 

「離婚」という選択肢をしても「再構築」という選択肢をしても、どちらともに「子どもを悲しませた分、今よりも幸せにする。子どもを笑顔にさせる。」という信念を忘れずにいて欲しいと思っています。

 

あいるたんでした。

amazon Kindle お試し

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました