離婚のメリット、デメリット②

離婚・再婚・夫婦の話
この記事は約3分で読めます。

おはようございます。あいるたんです。

 

今回は第②弾、離婚のデメリットを私の経験と主観をもとに書いていきます(笑)あくまでも主観ですのでお気楽に見ていただけたらと思います。

 

ちなみに離婚時のスペックです。30代半ば、パート従業員、小4と小2の子ども2人

 

デメリット 

  • 子どもが父親を失ってしまう。
  • まとまったお金が入らなくなる。
  • 不意に絶望感に襲われる。
  • 将来が不安になる。

 

子どもが父親を失ってしまう

事実として離婚すれば子どもはどちらかの親を失ってしまいます。その子どもの心のケアが1番離婚では大変だと思います。子どもにとって良い父親だった場合は余計につらいことです。取りもどすことのできない現実との戦いがはじまります。

 

まとまったお金が入らなくなる

私の場合、パートでほぼ専業主婦だったのでやりくりが大変でした。もちろん母子手当など入りますがそれでも苦しかったです。離婚するなら、どう生活していくか?どこに住んで、どう働くかを少し検討してからのがいいかなと思います。もちろん冷静に考えられるのであれば、良いですが離婚を急ぐ場合はなかなか難しいです。

 

不意に絶望感に襲われる

これは離婚した方なら大なり小なりあるのではないかな?と思います。私も私の友だちも今の旦那もこれに襲われてました。本当に離婚してよかったのか?子どもたちに申し訳ないことをした…など。過去を変えることは誰にもできないので、この無限ループは本当にしんどいです。なかなか安定しないのが現実でした。

将来が不安になる

子どものこと、仕事のこと、毎日はこなしていってはいるけれど、先の見えない毎日をずっと不安がってしまいます。考えても仕方ない事を1人で黙々と考えてしまいます(笑) 離婚をすると決めたのは自分なのに、なかなか定まらないのが人の心ではないでしょうか。

 

あとは住む家がない、仕事がなかなか見つからないなど…。スペックによってかなり違うものになるとは思いますが私が感じた事を記事『離婚のメリット、デメリット①』と②で書きました。

 

正直なところ離婚調停の時、子ども達にとってこんな父親ならいらないと思いました。子どもに金を1円もあげたくない、俺が稼いだ金だ!と調停で言った元旦那に本気で嫌気がさしたことを忘れもしません。自分の欲と見栄と世間体だけで生きている男だったなと今でもおもいます。もちろん離婚したことで子ども達には申し訳なさが残りました。

 

離婚は結婚よりパワーがいると聞いていましたが、本当でした。人の心の悪、しかも愛して結婚した相手の心の醜さを見せつけられる場所だと実感したのを覚えています。ですがデメリットがあるとしても離婚したことに後悔は少しもありません。自分を成長させる人生の出来事の1つだと今は思っています。

 

少しでも誰かの参考になれば嬉しいです。

 

あいるたんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました