連れ子で再婚の決意と目標

離婚・再婚・夫婦の話
この記事は約2分で読めます。

こんにちは。 あいるたんです。

 

子連れ同士の再婚を私たちは7年前にしました。今では離婚の数とともにステップファミリーの数が多くなってきているとは思いますが、それでもステップファミリーの割合は少ないのではないでしょうか。

そして私たちステップファミリーはそれを現在進行中です。

 

社会人の長男と高校生の次男は私の子ども。

高校生の三男と中学生の四男は旦那の子ども。

そして五男は私たち夫婦2人の間の子どもセメントベビーです。

 

まだセメントベビーが生まれる前、今から約7年前に子連れ同士で再婚し生活をスタートさせました。

県外からの引越し、子ども達の転校、土地勘のない場所、旦那の連れ子との生活、義親との同居…。色々な思いを複雑に持ちながらスタートしたことを覚えています。

 

1番に私が思っていたのは、子ども達全員にもう絶対に離婚という悲しい思いはさせたくない。ということでした。結婚生活が破綻し、実家近くの小学校へ転校させ、実家へと住居も変わり…と色々な苦労を子どもたちにはさせてきてしまった私でした。

だからこそ楽しい思い出をたくさん作って今までのつらかった思い出を上書きして行こうと今の旦那と話し合いました。私の子どもにも旦那の子どもにも、どの子にも楽しい思い出を上書きたいと決意しました。

7人での旅行先にて

前の結婚の反省をしつつ今の生活を暗中模索しながらの日々の中、ステップファミリーという前例があまりなく「これで大丈夫!」といった安心感も持てずに情報がないままでの手さぐり子育てでした。

 

ですが少しでも子ども達がしあわせになって欲しい。子ども達それぞれが大人になり、この家族ステップファミリーで良かったなと少しでも思ってくれたら…そんな目標を持ちながら生活をしています。

 

ステップファミリーという難しいことにチャレンジするのは、とても勇気のいることです。ですが1日1日を大切に過ごし、親が日々、反省と成長をしていけたのなら、「しあわせ」という結果はあとから付いてくる気がします。

 

なんとかなる。なんとかする。なるようになる。そんなことをいつも頭の片隅に置いて進んでいます。子どもたちに「しあわせ」という名の思い出を上書きし、この家族でよかったと思ってもらう目標をもってこれからも歩んでいければと思っています。

あいるたんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました