継続は力なり のんびり五男の話

子育ての話
庭のプールで遊ぶ五男
この記事は約2分で読めます。

おはようございます。 あいるたんです。

 

継続は力なり。

目標を達成できる。 ・ 今は実力不足であっても、挫けずに修練を積んでいけば、いずれ大成できる。

 

うちの五男は1年ほど前からスイミングを習っています。 体力向上の為とただ水が好きという理由だけで習わせました。

はじめはとても楽しそうにスイミングをしていました。もちろん大きなプールに入るのも、ビート板を使うのも色んなことがはじめてだったので面白かったのだと思います。

ですが、半年経ったころからあまり楽しくなさそうになってきました。それは1ヶ月に1回の昇級試験に3ヶ月連続で落ちたり、五男よりもっと小さい子が上達してレベルが上がってクラスが替わったりで初心者コースの子たちは五男1人になってしまったからです。そして毎週スイミングが嫌だと口で言うことが多くなりました。

 

ですが私は諦めませんでした。水遊びがとても好きな五男だからこそスイミングを始めさせたので、きっと大丈夫だと思い言い聞かせ励まし、時には少し厳しく…毎週行く行かないのやり取りを繰り返しあっという間に1年経過しました。

そしてついに同じ時期にスイミング始めた子達に追いつきました。3ヶ月ずっとスイミングの昇級試験に落ちつづけたら誰でもイヤになりますよね。もう楽しくもないし、ずっと昇級できないのではないかなと思うと思います。けどそこを踏ん張って、がんばれば昇級できるという喜びを本人がわかりはじめました。だからこそがんばれるようになったのだと思います。諦めず良かったなと心から思いました。

 

継続は力なり

 

子どもは個々それぞれの身体と心の成長スピードがあるので、他の子と比べず子ども本人と向き合うことが大切なんだと思いました。あとは子どもの力を信じて言葉かけをし、見守ることが成長の近道だと思います。

 

あいるたんでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました